LINEお友達登録ですぐに質問が出来る LINEお友達登録

サブシジョン– 最先端にきび治療のサブシジョン –

美容診療メニュー一覧

美容皮膚科

ピコウェイ
しみ・そばかすなど肌の悩みに

ルメッカ
あらゆるお肌の悩みに

ケアシス
ニキビ跡や赤みを消す

ポテンツァ
毛穴の開きや小ジワ改善・美肌に

VISIA
肌診断機器

ダーマペン4
極細針で肌を再生する

ヴェルベットスキン
ダーマペン4+マッサージピール

ケミカルピーリング
毛穴の黒ずみや色むら・くすみ

ハイドラフェイシャル
3Stepで6つの機能を実現

最新医療ハイフ
ミオクリ式オーダーメイド照射

ドクター施術

ヒアルロン酸
肌のはり・潤いを補いボリュームアップ

脂肪溶解注射
メスを使わず脂肪細胞を減らして痩せる

ボトックス
小顔効果や小じわの改善に

エッジワン
1mm以下でもピンポイントでイボやほくろを除去

糸リフト
自然で違和感のないリフトアップ

ショッピングリフト
コラーゲンを生成させハリを与えて引き締め効果&美肌に

ピコウェイ
しみ・そばかすなど肌の悩みに

タトゥー除去
レーザーによるタトゥーの除去

脱毛

その他の美容治療

ミラドライ
切らないワキガ、多汗症治療

クラツーアルファ
脂肪細胞を冷却して自然に痩身

ピアス穴あけ
耳たぶや軟骨全般に対応

アートメイク
症例数4,000以上のカリスマが担当

自費内服薬
ED・ニキビ・AGA・漢方など

エッジワン
いぼ・ほくろ除去

エクソソーム
肌の若返り・皮膚再生

メディカルダイエット
リベルサス・マンジャロ・フォシーガ

美肌・美白内服薬
体の内側から綺麗に

サブシジョン(Subcision)とは

サブシジョン(Subcision)は、皮下組織に発生した凹凸や突起を改善するための美容治療法の一つです。主に凹痕や瘢痕(はんこん)、ニキビ跡、ストレッチマークなど、肌の表面にできたくぼみや凹みを改善するために使用されます。

サブシジョンの手法は、凹凸部分に特殊な針やカニューレ(細い管)を挿入し、皮下組織の線維束を切断することで、凹凸や突起を改善します。この手法によって皮下組織の繋がりが解除され、凹凸部分が平坦化される効果があります。また、サブシジョンの同時に、新しい線維組織が形成されて肌のボリュームや弾力性が改善されることもあります。

サブシジョンは一般的に局所麻酔下で行われ、施術後には軽度の腫れや内出血が起こることがありますが、数日から数週間で自然に改善されます。効果の持続性は個人によって異なりますが、多くの場合、改善効果は長期間持続します。

肌の凹凸や突起を劇的に改善

サブシジョンは肌の凹凸や突起を改善する効果があります。凹痕や瘢痕、ニキビ跡、ストレッチマークなど、皮膚の表面にできたくぼみや凹みを目立たなくすることが可能です。

自然な結果が期待出来る

サブシジョンは皮下組織の線維束を切断することで、凹凸部分を平坦化させます。この手法によって皮下組織のつながりが解除され、自然な肌の表面が復元されます。

こんな方におすすめ

自分の肌の現状や肌質を客観的に診断したい

将来の肌がどうなるか、シミュレーションしたい

同世代と比べて自分の肌を比較したい

今後必要な治療を診断してほしい

治療の前後の改善効果を判別したい

サブシジョン(Subcision)の特徴

凹凸や突起の改善
サブシジョンは肌の凹凸や突起を改善する効果があります。凹痕や瘢痕、ニキビ跡、ストレッチマークなど、皮膚の表面にできたくぼみや凹みを目立たなくすることが可能です。

自然な結果
サブシジョンは皮下組織の線維束を切断することで、凹凸部分を平坦化させます。この手法によって皮下組織のつながりが解除され、自然な肌の表面が復元されます。

ボリュームと弾力性の改善
サブシジョンによって新しい線維組織が形成され、肌のボリュームと弾力性が改善されることもあります。これにより、肌の若々しさやハリ感が向上します。

安全性と短期間の回復
サブシジョンは局所麻酔下で行われるため、痛みや不快感を最小限に抑えることができます。施術後は軽度の腫れや内出血が起こることがありますが、数日から数週間で回復することが多いです。

長期的な改善効果
サブシジョンによる改善効果は個人によって異なりますが、一般的には長期間持続します。定期的な施術や他の美容治療との組み合わせによって、より良い結果を得ることができます。

サブシジョンは皮膚の凹凸や突起を改善し、肌のなめらかさと若々しさを取り戻すための効果的な治療法です。

サブシジョン(Subcision)で効果が期待出来るにきびの種類

サブシジョン(Subcision)における効果が期待出来るにきびの種類は以下の通りです。

にきび跡(凹凸やクレーター)

にきびが治癒した後にできる皮膚のくぼみや凹み、クレーター状の跡に対してサブシジョンが有効です。凹凸を改善し、肌のなめらかさを回復させることができます。

肥厚性瘢痕

にきびの治癒過程で起こる肌の過剰な瘢痕化(肥厚)にもサブシジョンが効果的です。瘢痕の下にある組織を切断し、平坦な肌表面を再生させることができます。

ボックスカータイプのにきび跡

ボックスカータイプのにきび跡は、皮膚表面が広がったくぼみや凹みとなって現れるタイプのにきび跡です。サブシジョンによって組織のつながりを解除し、肌の表面を均一に整えることができます。

アイスピックタイプのにきび跡

アイスピックタイプのにきび跡は、皮膚表面に細長い穴やピンポイントのくぼみができるタイプのにきび跡です。サブシジョンによって組織の繊維束を切断し、凹凸を改善することができます。

サブシジョンはにきび跡の改善に有効な治療法であり、皮膚のなめらかさを取り戻すことが期待されます。ただし、にきびの状態やにきび跡のタイプによって適切な治療法が異なる場合があります。医療専門家との相談を通じて、個別の状態に合わせた最適な治療プランを立てることが重要です。

サブシジョン(Subcision)の施術リスク

サブシジョン(Subcision)は比較的安全な治療法ですが、以下のようなリスクが存在する場合があります。

  1. 出血: サブシジョンは皮下の組織を切開するため、出血が生じることがあります。ただし、出血は通常軽度で、一時的なものです。
  2. 炎症や腫れ: 施術後は短期間の炎症や腫れが生じることがあります。これは通常一時的なものであり、数日から数週間で自然に治まります。
  3. 感染: サブシジョンによる切開部位が感染するリスクは低いですが、正しい衛生処置が行われない場合には感染の可能性があります。
  4. 瘢痕(はんこん)の形成: 個人によっては、サブシジョンによって凹凸やクレーターが改善される代わりに、瘢痕が形成される場合があります。

これらのリスクは比較的低いですが、医師の指示に従い、適切なアフターケアを行うことが重要です。

施術の流れ

STEP
カウンセリング

お肌の状態を確認し、施術についての説明を行います。

STEP
施術前の準備

局所麻酔が行われます。これは、痛みや不快感を最小限に抑えるために行われます。

STEP
施術

施術部位の皮膚が清潔になるように、洗浄や消毒が行い、専用の細いニードルを皮膚に挿入します。このニードルは、凹凸やクレーターの下の組織を切開するために使用します。

STEP
術後

適切なアフターケアを行い、状態によっては医師から軟膏などの処方、衛生的なアドバイスなどを行います。

施術概要

施術時間10~30分程度(患者様の状態によって変わります)
ダウンタイム数日~数週間
治療の痛み局所麻酔によって最小限に抑えられますが、個人の痛みの感じ方によって異なる場合があります。
洗顔・メイク医師の指示に従ってください
シャワー・入浴医師の指示に従ってください

施術後の注意事項

サブシジョン(Subcision)の術後の注意事項は以下の通りです:

  1. 処置後は処置部位を清潔に保ちましょう。医師の指示に従って、優しく洗顔を行います。刺激の少ない薬用化粧品や指定された製品を使用して、処置部位を清潔に保ちます。
  2. 処置部位への摩擦や過度な刺激を避けましょう。処置部位に対して無理な力を加えたり、こすったりすることは避けてください。また、過度な日光や紫外線への暴露も控えましょう。
  3. 処置部位の腫れや内出血がある場合は、冷却パックや氷を使用して腫れを軽減することができます。ただし、直接凍結させることは避け、処置部位を保護するために薄い布などで包んで使用しましょう。
  4. 医師から処方された薬や化粧品を正しく使用しましょう。処置後に処方された薬や特定のケア用品がある場合は、指示通りに使用してください。正しい使用方法や頻度に従うことで、回復を促進することができます。
  5. 施術後の予約やフォローアップには、定期的に通院することが重要です。医師の指示に従って、必要なフォローアップの予約を取り、経過を確認しましょう。施術の結果や状態に合わせて、適切なアフターケアを受けることが大切です。

禁忌事項

以下の症状のある患者様は治療を受けることが出来ません。

凝固障害や出血傾向のある方

感染症や皮膚炎がある方

アクティブなにきびや皮膚病のある方

処置部位に手術や傷のある方

その他医師が不適切と判断した場合

よくある質問

サブシジョンは痛みを伴いますか?

サブシジョンは局所麻酔を使用して行われるため、ほとんどの患者さんは施術中に痛みを感じません。ただし、麻酔の効果が切れた後に軽度の痛みや腫れが数日間続くことがあります。

サブシジョンの効果はどれくらい持続しますか?

サブシジョンの効果は個人差がありますが、多くの場合、凹凸やクレーターの改善が数か月から数年以上続くことが報告されています。ただし、皮膚の再生能力や生活習慣によっても異なるため、定期的なメンテナンスや追加の治療が必要な場合もあります。

サブシジョンの施術後のダウンタイムはどれくらいですか?

サブシジョンの施術後、数日から1週間程度のダウンタイムが必要です。処置後は腫れや内出血が一時的に現れることがありますが、通常は数日で軽減します。化粧品や日常生活への制限も比較的少なく、ほとんどの方は通常の活動にすぐに戻ることができます。

サブシジョンはどのようなにきび跡に対して効果的ですか?

サブシジョンは主に凹凸やクレーターと呼ばれるにきび跡に対して効果的です。凹凸の原因となる瘢痕組織を切り離し、皮膚の平坦化を図ることで改善が見られます。一方、色素沈着や赤みのあるにきび跡には他の治療法が推奨される場合もあります。

サブシジョンは一回の施術で効果が現れますか?

一回のサブシジョン施術で効果が現れることもありますが、重度のにきび跡や複数の凹凸がある場合は複数回の施術が必要な場合があります。医師との相談のもと、適切な施術プランを立てることが重要です。

これらは一般的な質問と回答ですので、具体的な状況によって異なる場合があります。自身の状態や希望に合わせた施術プランを確認するために、医師との相談をおすすめします。

カウンセリング・初診料

施術名料金(税込)
カウンセリング0円
VISIA3,300円
ドクター指名料(ポテンツァ、ルメッカ、ピコのみ)11,000円
看護師指名料1,100円
麻酔3,300円

Contact

お問い合わせ・ご予約

気になるお悩み、どんなささいなことでもご相談ください。
オンライン予約は24時間対応しております。

※WEB即時予約・LINEは別ページが開きます。
※電話でご相談・予約は直接お電話が繋がります。

未成年者の方へ
美容医療については、外見の整容を目的とした治療になりますので、病気や怪我などの治療にはあたりません。
そのため、まだ知識や経験が未熟である未成年の方が不利益を被る契約をしないため、MIO CLINICでは全ての治療のお申し込みにあたり、親権者の同意書をいただいております。

上記同意書を印刷後、ご記入いただいて当院にご持参くださいませ。

オンラインサロンが取り扱う製品は、すべて医療機関のみの専売品となります。
この機会に是非お買い求めください。